2015.11.09

第百二話 つるべおとし? の巻

晩秋にもの悲しさを感じる間もないほどに、睡魔におそわれるきたさん。おひるごはんを食べてちょっと気を抜いていたら・・・